ジャパチーズ

目指すのは「日本人の食卓に並ぶチーズ」

オーナーの長尾さんはもともと宮城県の蔵王酪農センターに勤めていた。しかし東日本大震災をきっかけに、奥様の実家のある北海道旭川で独立することを決意。旭川でデザインを頼める人を探していたところカギカッコのwebサイトを見つけ、飛び込みで依頼に来てくれた。開店当時のメイン商品はチェダーとモッツァレラの2種のみ。日本人の食卓に並ぶようなチーズを届けたいという思いを軸にデザインをすすめた。

まちのチーズ屋さんとして定着

店舗名から手をかけ、日本のチーズ+地域性を出すためにJapacheeseと命名。チーズにも日の丸にも見える黄色の円と、地元旭川の名前をシンボルマークに乗せた。開店以来、メイン商品は6種類に増え、まちを歩いていると黄色い日の丸のついたビニール袋をぶら下げた人とすれ違うことも増えた。お店ですぐ食べられる「炙りチェダー」や夏限定のソフトクリームも好評だ。東北からやって来たチーズ屋は、すっかり旭川の「まちのおみせ」として定着した。

クライアント一覧へ