上森米穀店

ギフトをテーマにした展示会から派生

東京での北海道米人気の高まりを受け、ローコストでできる試験販売を行うことをきっかけにパッケージをリニューアルした。きっか けは、旭川木工コミュニティキャンプでの展示販売。「ギフト」をテーマに、使い切りサイズのキューブ型のお米のパッケージを提案 することになり今日の商品へと発展した。

カギカッコの転機となった商品

札幌ADC2013 ではパッケージ部門で銀賞、ジェネラルグラフィック立体部門で銅賞を受賞。日本のパッケージデザイン年鑑ではfavorite 商品に選出された。収まりの良いサイズと統一感のあるデザインで、贈り物として高く評価を受けている。この仕事をきっかけに、地元クライアントからの仕事が増え、ブランディングを主としたスタイルにシフトしていった。

クライアント一覧へ