原崎農園

手づくり味噌用大豆

パッケージ

名刺の次に依頼されたのがこの大豆のパッケージ。お土産として販売したいとの話だったが、使い方が分からない人も多いのでは、と考えて、レシピをつけて「味噌用」「豆腐用」として販売することを提案した。中身は同じでも違う商品になるという商品開発のテクニックだ。ただ、豆腐の方はレシピが難航していて、いまだ商品化に至っていない。諦めずに形にしたいところだ。

ミニパッケージ

こちらは「水煮用」として100gを小さな袋に入れたタイプ。非常に小さくてかわいらしい。中には、原崎さんの奥さんの手書きの水煮レシピを入れている。表のシールは野菜に貼るものの使い回し。なるべくお金をかけずに形にしたものだ。

2017.4
AD: ゲンママコト
D:ゲンママコト

その他のプロジェクト

このクライアントの紹介ページへ

プロジェクト一覧へ