ジャパチーズ

レギュラー商品パッケージ

チェダーチーズ、モッツァレラチーズ

最初のレギュラー商品はチェダーチーズとモッツァレラチーズ。初めは「こんなに立派なパッケージはもったいない」と言われたが、起業のコンセプトを聞いた時から、この商品は絶対に外に出て行くものだと確信していた。だから、卸で売る時にも他のチーズに負けないような「強さ」が必要だと考えていた。もくろみ通り、その後駅や空港、チーズ専門店などからのオファーで、店舗や旭川からも遠く離れたところで販売されるようになった。「今」だけ見るのではなく、将来の姿を考えてデザインすることが大切だという良いお手本になった。

チェダーチーズはよくある熟成されたものではなく、できてすぐ出されるフレッシュなものだ。「まるで牛乳を食べているよう」なんて感想も。炙るとコクが増して豹変するのも特徴。モッツァレラはわさび醤油でいただくとご飯にすごく合う。タイミングがいいとできたてを食べることもできる。

さけるチーズ strings

さけるチーズと聞くと大手メーカーのものを思い浮かべると思うが、そもそも開発(発明?)したのは長尾さんのチーズづくりの師匠にあたる方だそうだ。チェダーチーズを基に、とにかく手作業で延ばす。いわば手延べチーズだ。デザインはそのさける様子を表現して、細いストライプで「チーズの日の丸」をスライスした。このstringsから、チーズの個性をパッケージに反映する、ということをはじめた。

2015.12
AD: ゲンママコト D:ゲンママコト C:池端宏介

商品を購入できます

  • 詰め合わせセット

    ¥5,000 税込

    ジャパチーズの商品詰め合わせセットです。

    購入する

お買い物ガイド

その他のプロジェクト

このクライアントの紹介ページへ

プロジェクト一覧へ